鳩吹山は、昭和62年4月19日に発生した山火事で里山の大半が失われました。
その後、「鳩吹山を緑にする会」などボランティアなどで植樹をすすめ、今のように緑が復元しました。

このヤシャブシの木は、山火事が起きる何十年も前からここに立っていました。
山火事当日、火の手は急斜面を駆け上がりこのあたりの樹木はすべて燃えてしましましたが、ヤシャブシの木だけは、幹に火傷を負いながら生きぬきました。
山火事を見ていたであろうヤシャブシの木です

B山火事の生き証木「ヤシャブシの木」

鳩吹山 山火事語り部ガイド

所要時間:2時間30分

集合場所:鳩吹山真禅寺登山口

A尾根山火事の境界

森 武蔵野守長可

移動時間20分

@真禅寺登山口より登り始める。

移動時間5分

火が出たのは、西側の谷の下、火は急な斜面を駆け上がり東谷へと燃えていきました。
このあたりが燃えたところと燃えなかったところの境いです。

小牧長久手合戦で亡くなった、金山城主 森可成の次男長可の墓所

周辺観光

E真禅寺登山口へ下山

移動時間40分

鳩吹山の山火事から20年が過ぎました。
現在は緑も蘇り、小鳥たちも帰ってきました。鳩吹山は、これからも美しい山であり続け、たくさんの方に登山を楽しんでいただき「自然を楽しめる山」として大切にして行きましょう。

D鳩吹山山頂

移動時間5分

山火事のあった時すでにこの休憩小屋は建っていました。
山火事の前にも緑美しい鳩吹山でしたが、その頃は登山する人も少なく静かな山でした。

C大天神休憩舎

移動時間20分