可児郷土歴史館 | 可児市観光協会

可児郷土歴史館

所在地 可児市久々利1644-1
アクセス JR太多線可児駅、名鉄広見線新可児駅からタクシー20分
駐車場  50台
入園料 200円・高校生以下無料
開園時間  AM9:30~PM16:30
休館日  毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
祝日の翌日・年末年始
問い合わせ先  可児郷土歴史館
0574-64-0211
公式サイト  http://www.city.kani.lg.jp/2486.htm
http://minomomoyamato.jp/pc/index.cfm

 


今も石垣や土塁が残る旗本千村氏の屋敷跡に建ち、展示室のある本館のほかに、江戸時代末期の民家を移築した民俗資料館、作陶活動のできる陶芸苑があります。
収蔵資料は、可児市の自然から歴史・民俗と幅広く、「可児の地質時代から現代まで」をテーマに展示をおこなっています。
中でも、美濃焼については、久々利大平・大萱の古窯跡群を擁していることから、志野・織部・黄瀬戸といった桃山陶の優品を常時展示しています。


アクセスマップ