百万遍の町流し | 可児市観光協会

百万遍の町流し

場所 可児市兼山地内
開催日  7月1日から1週間
駐車場  100台(兼山公民館)
アクセス 名鉄広見線明智駅からタクシー15分

 


兼山では、毎年7月1日から7日の間に各地区で「光明遍照」(百万遍の町流し)という盆の行事が行われます。
子どもたちを中心に青竹につけた行灯、御幣、太鼓・鉦、大きな数珠を持ち、念仏を唱えながら数珠を繰って町を歩きます。
数珠についた大きな母球に子どもの頭を当てると、病気をせずに丈夫に育つという言い伝えがあります。


アクセスマップ